台湾旅行で食った美味いモノを、ただひたすらに1人で羅列するスレ

台湾は美味しいモノがたくさんあって、とても食いきれた感じがしない。
まだまだ色々ありそうだ。

今回の旅行(主に台北)で食ったモノを、メモ。

以下、詳細にて。

胡椒餅「福州元祖胡椒餅」(龍山寺駅)

「胡椒餅」というのは、皮がパリパリに固い肉まんみたいな。
中にはギッシリと胡椒のきいた肉が、溢れる肉汁とともに。。。
ウマイ。

「胡椒餅」が一体何かは、↓をみると分かりやすい。
胡椒餅 これがボクらのナンバーワン | 旅々台北【熱門特集】

自分が行ったのは、龍山寺駅の近くにある「福州元祖胡椒餅」。
路地にある、有名店。
福州元祖胡椒餅 (万華) 最新のレストランの口コ(2020年) – トリップアドバイザー

場所はコチラ。

龍山寺駅の3番出入口付近の路地を入っていくと、お店がある。

f:id:tonogata:20151005005310p:plain

値段は1つ45TWD。
約160円。

f:id:tonogata:20151005005416p:plain

ビールを買ってきて、そこらで食うことに。

f:id:tonogata:20151005005514p:plain

味が濃ゆい。
美味しい。

f:id:tonogata:20151005005549p:plain

思ったより皮の歯応えが良くって。
これは次回も必ず食いたい。

紅蟳米糕(蟹のおこわ)「梅子餐庁」(中山駅)

見た目のインパクトで、今回一番の満足度。
蟹のおこわ「紅蟳米糕」すね。

お店は「梅子餐庁」。
春梅子餐廳 – 南京東路駅周辺/台湾料理 [食べログ]

公式HPにメニューがのってる(日本語はない)
梅子.台灣料理.海鮮.擔仔麵 林森創始店

場所は以下。

f:id:tonogata:20151005010723p:plain

お店にいくと、店員さんは日本語が話せる人が多いわ、メニュー日本語ありだわで、至れりつくせり。
店員さんが、全体的に親切。
お客さんも、日本人のグループばかりだった。

お目当ては、紅蟳米糕(蟹のおこわ)。

f:id:tonogata:20151005010816p:plain

いやぁ。
見た目にやられますよね。

ここから、おこわを茶碗によそって、蟹の身やミソを、上にのっけていただきます。

f:id:tonogata:20151005011045p:plain

もう雰囲気だけでも、白米が何杯でも食えそう。
おこわだけど。

とにかく美味しい。
幸せを噛みしめながら、食べました。

蟹だけに。

かみ(に)しめながら。

伝わりましたでしょうか?

その他に食ったのは、牡蠣とか。

f:id:tonogata:20151005011123p:plain

アサリも美味しかった。

f:id:tonogata:20151005011347p:plain

コレ系突っ込める人は、結構よいかと思います。

f:id:tonogata:20151005011356p:plain

お粥と紅焼肉「周記肉粥店」(龍山寺駅)

「周記肉粥店」に朝飯を食べに行った。
この店も日本のガイドブックに必ず載ってるので、朝から日本人がたくさんいました。
現地の人もたくさん。
人気店なんですね。

周記肉粥 (万華) の口コミ172件 – トリップアドバイザー
周記肉粥店 – 龍山寺周辺/台湾料理 [食べログ]

場所はコチラ。

f:id:tonogata:20151005012515p:plain

お粥も食べたんですが、、、

f:id:tonogata:20151005012528p:plain

それより、「紅焼肉」が美味しかった。
柔らかい。。。

f:id:tonogata:20151005012538p:plain

このタレもうまいんですよね。。。
甘い八丁味噌のようなタレ。

小籠包「鼎泰豐」(中山駅)

ウルトラ有名店ですね。
ディンタイフォン(鼎泰豐) | 小籠包・点心の台湾料理・台北料理|公式

自分が行ったのは中山駅の近くにある南西店。
新光三越百貨の南西店1館 地下2階。

http://tabelog.com/taiwan/A5403/A540306/54000310/

場所はコチラ。

f:id:tonogata:20151006004021p:plain

ちょっと並んでましたが、待ち番号を受け取って椅子で待っていると、5分程度で入れた。

普通の小籠包や、ヘチマ入り小籠包をいただいた。

f:id:tonogata:20151006004140p:plain

小籠包は、やっぱ安定してウマイ。

f:id:tonogata:20151006004155p:plain

エビ焼売や、焼き餃子などもいただいた。

f:id:tonogata:20151006004206p:plain

全般的に店が慌ただく、落ち着いて食べる感じではなかったが、その分客の回転が早いかもしれない。
そーゆー意味では、混んでそうでも、並んでみるのも悪くはないのかな、と。

上海で小籠包の老舗「南翔饅頭店」の豫園本店に行ってきた – やじり鳥

MEI&MEIじゃない「美而美」(桃園駅)

いわゆる有名な「美而美(MEI&MEI)」(おさげの女の子のロゴ)ではない。
有名な「美而美」は↓ページのようなロゴが看板にある。
http://www.mam.com.tw/

f:id:tonogata:20151006000054p:plain

自分が行ったのは、それじゃない「美而美」。

f:id:tonogata:20151006000107p:plain

この「美而美」も、割とみかけましたね。
それで、桃園駅の近くで食ってみた、と。

台湾では「美而美」という名前の店が、数多くあって、商標問題なんかもあるらしい。

「北美而美」商標、顕著性欠如 最高行政裁判所「登録認めず」
台湾では誰もが知っている、一度は食べたことのあるという朝だけ営業する「美而美」早餐店(朝食屋さん)は、サンドイッチやハンバーガー、目玉焼き(その場で焼いてくれる)、豆乳やミルクティーをモーニングの時間帯だけ出しているフランチャイズである。
住宅街の至るところに散在する「美而美」の人気の上昇につれ、その知名度にただ乗りして「美而美」に何かの文字を付け加えて看板に掲げる店が増え、「〇〇美而美」とかいうサービスマークも多数登録されている。
しかしその一方では、「〇〇美而美」か「〇美而美」の登録可否をめぐる争いも相次いで起きている。

台湾知財ニュース(17年10月号)

それはともかく。

自分がいった「美而美」はどうか?

拌麺的なもの?

f:id:tonogata:20151006000249p:plain

これがね、ウマイ。
美味かったですよ。

ついでに頼んだハンバーガーも。
アツアツ、サクサクのパンでナイスです。
ナイス。

f:id:tonogata:20151006000302p:plain

豆乳を飲みながら、ハンバーガー。
アリだな、と思いました。

拌麺で思い出した。

夜市でも拌麺を食った。

f:id:tonogata:20151006002224p:plain

飲んだ後だったので軽く、と思ったが。
思ったより量が多かった。

f:id:tonogata:20151006002235p:plain

アツアツでおいしい。

屋台で食った割包的な何か

九份に向かう途中の瑞芳駅。
屋台。

f:id:tonogata:20151005232045p:plain

何を注文したのか、自分でもよく分かってない。

まずは、屋台のおっちゃんに話しかけてみる。
笑顔で話しかけて、英語で注文を試みる。
具材を指さし、ポークだの、ミートだの、アイウォントする。

黙ってじっとコチラの顔を観察していた、屋台のおっちゃん。
突如、天啓を受けたが如く、目を見開く。
そして、頷く。
お前の食いたいモノは分かった。皆まで言うな。

そしておもむろに作り始める。

「嗚呼、通じた」
という安堵感。

「いや、そうじゃない」
多分、違う何かが出てくるぞ。
しかし・・・だとしたら、、、

一体何が?
という不安感。

答えはコレだ。

f:id:tonogata:20151005232056p:plain

うーむ。

俺氏はいったい何を頼んだのかにゃ?
菜っ葉的な肉まんみたいな?
割包?

しかし、ボリュームはあってベネ。

「阿宗麵線」の「大腸麵線」(モツ)、「大頭龍」の「蚵仔麺線湯」(牡蠣)

台湾の素麺のような麺料理、「麺線」ですね。
モツ入りの「大腸麵線」、牡蠣入りの「蚵仔麺線湯」。
特にスーパー滋味溢れる「蚵仔麺線湯」が、俺氏史上の大ヒット。
最高でした。

台湾のソウルフード「麺線」を食す。「大腸麵線」(モツ)と「蚵仔麵線」(牡蠣)がンまい。

f:id:tonogata:20151003171716p:plain

魯肉飯と紅棗人蔘雞湯「鬍鬚張魯肉飯」(寧夏夜市)

「魯肉飯」の名店、「鬍鬚張魯肉飯」。

日本では石川県などにも店舗がある。
ひげちょうるろうはん -トップページ-
鬍鬚張魯肉飯 金沢工大前店 (ひげちょうるうろうはん) – 野々市工大前/台湾料理 [食べログ]

「魯肉飯」とは何か?

台湾伝統の庶民料理で、豚肉のかけご飯のこと。
1960年ヒゲの張さん(当店のマークのモデル)が、コラーゲンたっぷりの豚のほほ肉と秘伝のタレを使い「ひげ張魯肉飯」として売り出すや一度食べたら癖になる味だと大人気に。
今では屋台街やお弁当には欠かせないメニューです。

さて。

寧夏夜市に「鬍鬚張魯肉飯」があるというので、行ってきた。

髭のおじさんの看板で、場所はスグ分かる。

f:id:tonogata:20151025122835p:plain

注文は、「魯肉飯」と、、、、

f:id:tonogata:20151025122906p:plain

お肉と、、、

f:id:tonogata:20151025123025p:plain

スープ。

f:id:tonogata:20151025123045p:plain

「魯肉飯」も美味しかったけど、、、このスープ。
「紅棗人蔘雞湯」、100TWD(370円)。
http://www.fmsc.com.tw/product_view.php?cid=4&id=226

これがマジ美味でした。

最後の方は超絶苦いけど笑

小籠包「沁園春」(台中駅)

台中にも、ちょっとだけ行った。
台湾新幹線に乗りたかったんだな。

駅の近くでいったお店がこちら「沁園春」。

f:id:tonogata:20151025120648p:plain

http://tabelog.com/taiwan/A5404/A540401/54000637/

蒋介石が愛した小籠包、らしい。
『蒋介石のお気に入りらしい』by おしょろこまさん|沁園春のクチコミ【フォートラベル】|Shenyuanchun|台中

台湾料理でなく、上海料理とのことで。
それなら、と「蟹粉小籠」をチェケら。

f:id:tonogata:20151025120844p:plain

蟹ミソ入り。

f:id:tonogata:20151025120857p:plain

炒飯も美味かった。

f:id:tonogata:20151025120929p:plain

ざっくりしたアジアンなフライドライスもいいが、やっぱ本場のチャーハン、うめぇ。

吉野家「牛丼」(アイスティー付)

台北で吉野家にいきました。
日本の吉野家との違いとか、吉野家の台湾戦略について、ちょっとだけちぇけらっちょ。
ちぇけちぇけ。

台湾の吉野家で牛丼をいただきつつ、吉野家の台湾戦略をちょっとだけチェック。

f:id:tonogata:20151004204319p:plain

セブンイレブン「紫米飯糰」(おにぎり)

やっぱ現地にローカライズされたコンビニ飯も食いたいよね、と。
夜食代わりにコンビニでいくつかおにぎりにチャレンジ。

そして、うまかったのがコレ。
セブンイレブンの「紫米飯糰」。

f:id:tonogata:20151025121508p:plain

成分表をみても、当方、全く解さず。

f:id:tonogata:20151025121519p:plain

しかし、美味いんだなぁ、これが。

f:id:tonogata:20151025121625p:plain

これは日本でも売って欲しい。

駅弁(食えなかった)

台北駅や、台中駅でみかけた、駅弁。

f:id:tonogata:20151025121146p:plain

食いたかったんだけどなぁ。
チャンス訪れず。

またの機会を楽しみにしたい。

新幹線に乗って、食いたいのよね。

まとめ

いやぁ。
台湾の飯、うまいな、と。

自分は基本的にビーチがあるトコばかり行くので、台湾は初めて何すね。
いや、台湾もビーチ(墾丁とか)あるんだけど、そーゆーことじゃなくて。

それにしても、台湾、ヤバイ。
美味美味。

しばらく行かない予定だが、また行ったら他のもいろいろチャレンジしたいな、と。
そう思いました。

https://www.bousaid.com/tag/%E5%8F%B0%E6%B9%BE