マリオットのポイント購入50%増量セール(2020年2月18日~3月25日)

ポイント購入セール

2020年で1回目のマリオットのポイント購入セール。
今回は初の「50%増量」セールですね。

マリオットのポイント定価は、1,000ポイントにつき12.50米ドル。
今回の50%増量で、だいたい1ポイント=0.9円くらいになる形。
過去最大の割引率(33%割引相当)になっています。

本件はマリオット統合後としては4回目のセール。
25%割引(4月)→30%割引(9月)→30%割引(11月)→50%増量(2月)。

公式サイトはこちら。
https://storefront.points.com/marriott/ja-JP/buy
※ドメインは「points.com」。マリオットのポイント購入は、points.comの特設ページ内で行う形になっている

セール期間は、2020年2月18日午前9時東部時間 (日本時間2月18日23時) から、2020年3月25日午後11時59分東部時間 (日本時間3月26日12時59分) 。
今回から日本時間も公式HPで記載されるようになった。

マリオットのポイントは、年間(1~12月)5万ポイントまで購入可能。
ただし期間中に限り、10万ポイントまで購入可能となる(ギフトでの受け取り分も含む)。

拡張分の10万ポイントまで購入すると、今後のセールに参加できなくなるのが、悩ましいところ。
(ただしSPG時代の例でいうと、更にメールなどで追加拡張のお知らせがくることも、ありうる)

なお、新規会員は入会90日後から購入可能になるので注意。
(入会後に滞在済みの場合は30日後から購入可能)

ポイント単価

1ポイントあたりの単価は0.9円程度となる。

下記は50%増量後の、合計獲得ポイントにおける価格表。

購入ポイント セール価格 日本円 ポイント単価
3000 pt 25.00 ドル 2,802 円 0.9 円
9000 pt 75.00 ドル 8,406 円 0.9 円
21000 pt 175.00 ドル 19,612 円 0.9 円
30000 pt 250.00 ドル 28,017 円 0.9 円
39000 pt 325.00 ドル 36,422 円 0.9 円
51000 pt 425.00 ドル 47,629 円 0.9 円

※1ドル=109.9円(2020/02/19時点)で換算した場合

日本円はクレカの外貨取扱手数料=2%を加味している。
実際の手数料は、カードにより異なり1.63~2.2%。

ちなみに三井住友カード(VISAやMaster)が、2019年7月から外貨取扱手数料を1.6→2.2%に値上げしている。
手数料について気になる場合は、下記ページのコメント欄含めチェックしてもらえれば。
海外で使うクレカの手数料、三井住友カードは2.2%(旧1.6%) – やじり鳥
現時点で手数料が1.6%なのは、JCB・楽天カード(Amex以外)・イオンカード・VIEWカード・エポスカードなど。

前回セールまでは、SPGアメックスでの購入時に、1ドルにつき1ポイントが加算(?)という規約文言にみえた。
しかし今回から変更された文言をみると、SPGアメックスでの購入特典は「特に無し」ということになりそう。

旧:Marriott Bonvoy提携のクレジットカードでポイントをご購入になると、ご購入金額1米ドルにつき1ポイントが加算されます。

新:提携カードでのMarriott Bonvoyポイントの購入では、カードのご利用時の通常ショッピングポイントを獲得いただけます。

自分はマリオットになってから、前回初めてSPGアメックスで購入した。
追加ポイントがつくか、ちょうど明細でチェックしていたところ、ついていないので「おかしいなぁ」と思っていたところです。
なんだ、つかないのね、と。

なお市場価格の参考として、いわゆるマイル・ブローカーが売っているマリオットのポイント価格は、1ポイント=0.95円くらい。
今回のセールは、それよりは安くなりますね。
マリオットBonvoyポイントの市場相場(ブローカー価格)をチェック – やじり鳥

無料宿泊・マイル交換

購入したポイントは、ホテルの無料宿泊に利用できる。

ホテル無料宿泊の必要ポイント数は、1泊につき5000ポイント~10万ポイント。
ホテルやシーズンによって異なる。
マリオット「ホテル・カテゴリー」の変更(2020/3)、無料宿泊の必要ポイント数が16軒変動 – やじり鳥
※毎年3月くらいにカテゴリ変更があり、狙ったホテルの必要ポイント数がアップする可能性もあり

またマリオットのポイントは、マイルに交換することもできる。
ANA・JALなどほとんどの航空会社のマイル交換で、3pt=1マイルの交換レート。
※UAなど一部優遇レートあり

6万ポイントの交換毎に、1.5万ポイント(→5000マイル)のボーナスが付与されるため、6万ポイントでの交換が効率良い。
6万pt=2.5万マイルで交換可能。

仮に6万ポイントを購入してマイルに交換した場合の、マイル単価は以下。
1マイルあたり、2.2円となる。

60000 pt 購入 ドル マイル単価
6万pt→
2.5万マイル
通常価格 750.00 ドル 84,051 円 3.4 円
セール価格 500.00 ドル 56,034 円 2.2 円

マイルについては、長距離のビジネスクラスでマイルを使うなど、マイル単価をチェックしつつ使った方がいいかなと思います。

例えば下記は、1マイル=7.1円くらいで使っている。
ANAビジネスクラスの特典航空券でメキシコに行ったら、マイルの価値は7.1円だった。 – やじり鳥

2.2円で買った1マイルを、7.1円分で使えたらなら、お得よね、という考え方がありうる。
ビジネスに乗らずに、格安エコノミーを現金で買った方がいい、という考え方もありうる。
そこら辺は、個々人のスタンスで。

割引セール履歴

マリオット統合後のセールとしては、今回が4回目となる。
SPG時代を含めた、過去のセール履歴は以下。

セール時期 内容
2020年2月 50%増量(マリオット)
2019年11月 30%割引(マリオット)
2019年9月 30%割引(マリオット)
2019年4月 25%割引(マリオット)
2018年8月 マリオットと統合
2018年6月 35%割引(SPG)
2018年4月 35%割引(SPG)
2018年2月 35%割引(SPG)
2017年11月 35%割引(SPG)
2017年6月 35%割引(SPG)
2017年2月 30%割引(SPG)
2016年11月 最大50%割引
(ユーザによる)(SPG)
2016年6月 30%割引(SPG)
2016年5月 SPGアメックス会員向けの35%割引(SPG)
2016年3月 25%割引(SPG)

なおSPG時代の割引率は35%程度で、1ポイント=2.5円程度。
ただしマリオット統合でSPG1ポイント→マリオット3ポイントに移行しているため、今とはポイントの価値が異なる。
SPGセール時代のセール水準でいうと、マリオットでも1ポイント=0.8円くらいのセールが欲しいところ。
※今回のセールは1ポイント=0.9円

ただまぁSPG時代に比べて、ポイント宿泊できるホテルが増えたというメリットもある。

個人的には30%割引以上のセールがくる可能性もあるかな、と考えていたが。。。
増量系できましたね。

逆に増量系だと、50%以上は難しいだろうな。。。
他社だと100%ボーナスもあるっちゃ、あるけど。

留意事項

併用できそうなクレカのキャンペーンについては以下。
新規入会で20%還元のキャンペーンがありますね。

MUFGプラチナ・アメックスなどMUFGカードで20%還元祭(新規入会限定) – やじり鳥

新デザインの三井住友カード、4月までに入会で「年会費が永年無料」と「20%還元」と「50回に1回無料」 – やじり鳥

自分がイオンカードの20%還元と組み合わせた際の実績は、以下。
この時は、最終的に1マイル=1.8円くらいになった。
マリオット「ポイント購入セール」の結果確認、最終的なポイント単価とマイル単価 – やじり鳥

ポイントモールについては、topcashbackで還元あり。
自分も前回topcashbackでの還元を確認した。

現在も2.5%ですね

topcashbackでPoints.comを検索して、一度Points.comに遷移する。
そのページは放って置いて、マリオット公式のポイント購入ページでポイント購入する。
(内部的にはPoints.comのドメインになっている)

ほい。

そんな感じ。
ほい。

そんな感じ。