JR四国「バースデーきっぷ」による「四国一周」のルート検討

誕生月のみ使える、フリーパスJR四国「バースデーきっぷ」。

  • 3日間で、10,280円。
  • 特急グリーン車、乗り放題。

公式サイトは、こちら。
バースデイきっぷ 四国旅行 JR四国ツアー

本件は、「四国をグルッと一周したい!」という場合のルートの話。
自分の四国一周は、「駅弁」+「ちょっと観光」という案配となった。
JR四国「バースデーきっぷ」(3日間)を使い、電車で四国一周。車窓を眺めながら食べた駅弁のメモ。 - やじり鳥

ルート検討のメモにて。


以下。


※2017/03/31追記
2017/4から「バースデーきっぷ」の価格体系が変更となった。
JR四国「バースデーきっぷ」が2017年4月から値上げ。ただし割安な「普通車 自由席用」を新設。 - やじり鳥


「四国一周」のルートをどうするか

そもそも、なぜ四国を一周するのか?

一体全体、なんのために?

「四国全域を、我が手中におさめるため」

線で囲んだ領域は、自分のモノとすることができる。
いわゆる「陣取り」として、古来より認められてきたルール。

四国を一周するということは・・・
ぐるっと丸ごと、四国を線で囲むことであり・・・

囲まれた土地は・・・
線を書いたモノに支配される・・・

なぜなら?
ルールだから。

とても古い魔法だよ。
しかも、強力だ。

※「ハウルの動く城」ハウルの言葉

一方。

無事に、俺氏が四国一周した暁には・・・

ククク。

四国全域は、我が物となるだろう。


しかし、待て。
ちょっとお待ちください。

実は、四国には「線路で囲えない領域」がある。
下図の、赤いトコと、青いトコ。

f:id:tonogata:20160710164547j:plain:w500
四国旅客鉄道 - Wikipedia

↑には記載のない「土佐くろしお鉄道」(バースデーきっぷ対象OK)もあるんだけど、いずれにしろこれらの領域は「囲えない」。

詳しくは、↓の路線図が分かりやすい。
四国の駅情報 | JR四国
四国の鉄道路線図 | 総合交通観光サイト | 四国運輸局

左下(南西)の「赤い領域」は、「宿毛駅」まで「土佐くろしお鉄道」が伸びている。
宿毛まで、行って、帰ってくる。
線で囲めるワケではない。単純往復。

f:id:tonogata:20160713001457j:plain:w500

しかしなぁ・・・
結構、一周するので時間もカツカツだしなぁ。。。
ちょっぴり観光したい目的地もあるし。

ここは諦めるかな。。

問題は、徳島。

右下(南東)の青い領域は、「徳島県のほとんど」が含まれている。
つまり、「四国制覇」と言いつつ、徳島は除外される気分。

f:id:tonogata:20160713001935j:plain:w500

「奈半利駅」と「甲浦駅」までは電車があるんだが、、、
その間をつなぐ路線が、ないんだなぁ。

ミッシング・リンク。

いずれにしろ。
この2つの領域を除くと、電車での一周で取得できる領地は、以下の通り。

f:id:tonogata:20160710165829j:plain:w500

ふーむ。

思ってたのと、だいぶ違う。
果たしてこれを、四国制覇と言えるか?

「言えません。」

そうだよな、兄弟。
では、こうしよう。

俺たちには、まだ、ちょっぴり交渉の余地がある。
折り合いをつけるんだ。

この世の中!
何事にも「折り合い」ってものが、あるんだなぁ。
そうだろう?兄弟。

つまり?

ズバリ、「バスを使う」。
南東エリアで。

この南東エリア、「囲めない」んじゃあ、「陣地取り」が成立しないからな。
ここは一つ、「ルールに折り合いをつける」。

電車で「奈半利駅」まで行き、そこからバスに乗って室戸岬を回り、「甲浦駅」へ。
この区間は、「バスを使っても、線がひける」こととする。

f:id:tonogata:20160713002007j:plain:w500

この「一周」で得られる領地は、以下の通り。

f:id:tonogata:20160710171647j:plain:w500

どうだろう。
これは「四国一周」と、言えるか?

「・・・言えます。」

グッド!

※「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」 J・ダービーの言葉

かくして。
当方の「四国一周」は、以下のようになった。

f:id:tonogata:20160710172904j:plain:w500
※二重線になってるのは自分が寄り道した軌跡

なお、「奈半利駅」-「甲浦駅」でバスを使うのは、結構ネット上でも情報があり、参考になる。
さまよえるキモプア 高知東部交通バス--室戸岬は雨模様--

あと、宿毛-宇和島も「バスあり」ならいける(囲める)のかもしれないが、詳しくチェックしてない。


どこをスタート・ゴールにするか

四国を一周する場合、スタートとゴールを、どこに置くか。
この時点ですでに悩ましい。

  • 本州から開始するか
  • 四国内から開始するか


まず、「本州側からスタート」する場合。

岡山県から瀬戸大橋を渡る電車で四国に入る。
寝台列車の「サンライズ瀬戸」から、「マリンライナー」、「瀬戸大橋線」、「しおかぜ」など、選択肢は色々ある模様。
はじめての寝台列車|旅行|トレたび - 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に乗ってみよう!
絶対乗りたい!トレたび列車図鑑(18)~|旅行|トレたび - 快速「マリンライナー」
Find Travel(ファインド トラベル) | とっておきの観光・旅行情報が見つかるキュレーションメディア

自分は東京からの突入で、飛行機で四国in/四国outだったので、ここら辺はあんまチェックしてない。


次に、「四国内から開始」する場合。

車や飛行機で四国入りするパターンかな?
自分の場合は飛行機だったので、飛行機の話で。

「バースデーきっぷ」で与えられた期間は、3日間。
なるべく現地滞在時間を長くしたい。

どの県に、どれくらいの便が、どのような時刻表で飛んでいるか?
ANAとJALはメモした。
※LCCは成田発なので個人的に除外
※成田から、高松と松山にジェットスターが飛んでいる

ANAの場合(2016)

便数 羽田
始発
現地
終発
徳島 4本 08:55 18:50
高松 6本 07:25 19:30
松山 6本 07:25 19:30
高知 5本 08:00 18:25

時刻表[国内線]|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

JALの場合(2016)

便数 羽田
始発
現地
*終発
徳島 7本 07:25 20:00
高松 7本 07:50 20:05
松山 6本 07:25 19:00
高知 5本 07:40 19:15

国内線時刻表・スケジュール - JAL国内線

各空港のHPには、航空会社横断の時刻表がある。


高松・松山は、便数が多くて使いやすいかな?


次に、空港から主要駅への距離

いずれも空港から市街へは、バスで向かう。
バスに乗る時間は、短く・安くしたい。

空港から駅への距離
(バスルートではないが、車ルートで検索)

松山 6km
徳島 14km
高松 16km
高知 15km

うーん。
松山か。

松山空港からJR松山駅までは、リムジンバスで約15分。
310円。
主要交通機関でのアクセス | 交通・アクセス | 松山空港

あとまぁ、松山をゴールにすると、
「最後に道後温泉でひと風呂」
という終わり方ができる。
※松山駅から道後温泉は、電車で25分、160円の距離
※ただし「バースデーきっぷ」対象外の市電

www.bousaid.com


ということで。

自分の場合は、スタートとゴールを「松山」(愛媛)に設定した。


そんな感じ。


www.bousaid.com

www.bousaid.com

JR四国バースデーきっぷ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|